ラシュシュ 成分

ラシュシュの全成分|危険な成分が入っていないか調べた結果

 

ラシュシュ成分

 

ラシュシュは肌に塗るクリームなので、成分が気になりますよね。

 

いくらバストアップに効果があっても危険な成分が入っていたら困りますからね。

 

そこで、ラシュシュの全成分を徹底的に調査してみました。

 

すると、思わぬ結果が待ち受けていました。

 

ラシュシュの全成分|副作用は大丈夫?

 

水、BG、グリセリン、エタノール、カルボマー、(アクリル酸ヒドロキシエチル/アクリロ イルジメチルタウリンNa)コポリマー、水添ポリイソブテン、キサンタンガム、メチルパ ラベン、プロピルパラベン、水酸化K、アクリル酸アルキルコ ポリマー、ダイズ油、オレンジ油、水添レシチン、トコフェロール、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、(VP/ポリカルバミルン酸ポリグリコール)コポリマー、チガ ヤ根エキス、加水分解ゴマタンパクPGプロピルメチルシランジオール、ヘマト コッカスプルビアリスエキス、アスタキサンチン、アーモンドエキス、カラスムギ穀粒エキス、ハナスゲ根 エキス、PEG-8、セルロースガム、ホップ花エキス、加水分解酵母、 炭酸水素Na、フェノキシエタノール、ジ酢酸ジペプチド ジアミノブチロイル ベンジルアミド、レシチン、リン酸Na、アセチルデカペプチド-3、金、ヒト遺 伝子組換オリゴペプチド-1、銀、香料

 

こちらがラシュシュの全成分です。

 

成分を調べてみると、危険な成分が入っていないのは明白でした。

 

その代わり、バストアップに必要な成分がしっかり配合されていました。

 

ボルフィリン

 

脂肪細胞に直接働きかけ、脂肪の増殖を促します。

 

セサフラッシュ

 

肌にハリを生み出す効果、肌を引き締める効果があります。

 

オリゴペプチド

 

皮膚環境を整え、皮膚の表面を引き締める効果

 

チガヤ根エキス

 

肌への水分補給をサポートし、潤いを与える効果

 

シルクエキス

 

皮膚や毛穴の凹凸をなくし、滑らかにする効果

 

白金イオン

 

保湿効果、美白効果

 

シンエイク

 

肌にハリや弾力をもたらす効果

 

アスタキサンチン

 

肌にハリや弾力をもたらす効果

 

オシリフト

 

肌にハリや弾力をもたらす効果

 

バストの脂肪を増やす成分ボルフィリンとは

 

ラシュシュが市販の安いバストアップクリームと違う点はボルフィリンが配合されている点です。

 

ボルフィリンは脂肪細胞を増やす働きがあり、試験結果でバストアップすることが立証されています。

 

18歳〜35歳の女性、30人(日本のブラカップサイズ65-70B又は75A)を対象に片方のバストに、ボルフィリン5%添加したジェルクリームを一日2回56日間塗布。

 

この結果、6ヶ月の塗布により、カップAサイズ(300cc)の女性は、それぞれのバストで81ccのボリュームアップが可能となりました。

 

実際にラシュシュの口コミを見ると、

 

『AカップからCカップになった』
『1カップサイズアップした』
『ブラの隙間がなくなった』

 

と喜びの声が多く寄せられています。

 

なので、もしバストが小さくて悩んでいるなら、ラシュシュは一度試してみる価値があるバストアップクリームです。

 

ラシュシュ成分